フィリップ・K・ディック
長編作品リスト

アメリカのSF作家 フィリップ・K・ディック Philip K. Dick (1928.12.16-1982.3.2) の長編作品およびその邦訳のリストです。 ※ほぼ発表順

(長編と短編の区分けについて):当サイトでは1冊の本として出版されたものを「長編」、雑誌・短篇集・アンソロジーなどに収録されて出版されたものを「短編」としています。雑誌連載作品は長編として扱います。

1955

Solar Lottery

aka “Quizmaster Take All” (original title)

aka “World of Chance” (title published by Rich & Cowan in 1956 UK)

Ace Books, May 1955 (w/ “The Big Jump” by Leigh Brackett)

Rich & Cowan, 1956 (shorter version published in UK)

『太陽クイズ』

  • 小尾芙佐
  • 早川書房 ハヤカワSFシリーズ3185 1968年6月
  • 解説「ディック・ノート」/福島正美

『偶然世界』

※異装版
  • 小尾芙佐
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF241 1977年5月
  • 解説「ディックの処女長篇」/K・I (旧版のみ)
  • 解説「偶然に翻弄される運命、無秩序に支配された宇宙」/牧眞司 (新版のみ)

1956

The World Jones Made

aka “Womb for Another” (original title)

Ace Books, Mar 1956 (w/ “Agent of the Unknown” by Margaret St. Clair)

『ジョーンズの世界』

※異装版
  • 白石朗
  • 東京創元社 創元SF文庫696-05 1990年11月
  • 解説「フィリップ・K・ディック 一九五一―五六」/鳥居定夫

The Man Who Japed

Ace Books, Dec 1956 (w/ “The Space-Born” by E. C. Tubb)

『いたずらの問題』

  • 大森望
  • 東京創元社 創元SF文庫696-11 1992年10月
  • 訳者あとがき/大森望
  • 解説「おまえは誰だ ~サスペンス・ミステリーの側から見たP・K・ディックの世界」/宮部みゆき

『いたずらの問題』

  • 大森望
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF2195 2018年8月
  • 訳者あとがき/大森望
  • 解説「おまえは誰だ ~サスペンス・ミステリーの側から見たP・K・ディックの世界」/宮部みゆき

1957

Eye in the Sky

aka “With Opened Mind” (original title)

Ace Books, Mar 1957

『宇宙の眼』

  • 中田耕治
  • 早川書房 ハヤカワ・ファンタジイ3012 1959年5月
  • 解説「新鋭フィリップ・K・ディック」/福島正美

「宇宙の眼」

  • 中田耕治
  • 早川書房 世界SF全集18 1970年7月
  • ※アルフレッド・ベスター「虎よ、虎よ! Tiger! Tiger! (1956)」(中田耕治 訳)との合本
  • 解説「アルフレッド・ベスター~その人と作品」/伊藤典夫
  • 解説「フィリップ・K・ディック~その人と作品」/福島正美

『虚空の眼』

  • 大瀧啓裕
  • サンリオ サンリオSF文庫3-R 1986年7月
  • 解説「フィリップ・K・ディック ~まったく新しい未解決の問題 Philip K. Dick: A Whole New Can of Worms (1982)」/ブライアン・オールディス

『虚空の眼』

  • 大瀧啓裕
  • 東京創元社 創元SF文庫696-08 1991年6月
  • 解説「ベヴァトロン狂想曲」/大瀧啓裕

『宇宙の眼』

  • 中田耕治
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF1975 2014年9月
  • 解説「『非現実への不安』を小説化したディックの出世作」/牧眞司

The Cosmic Puppets

Ace Books, Oct 1957 (w/ “Sargasso of Space” by Andrew North)

『宇宙の操り人形』

『宇宙の操り人形』

1959

Time Out of Joint

aka “Biography in Time” (working title)

Lippincott, 1959

連載「時は乱れて」

  • 山田和子
  • NW-SF社 季刊NW-SF 7号 1973年5月~14号 1978年8月 (全8回)

『時は乱れて』

※異装版

『時は乱れて』

  • 山田和子
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF1937 2014年1月
  • 解説「WHAT HE WAS REALLY DOING」/高橋良平

1960

Dr. Futurity

Ace Books, Feb 1960 (w/ “Slavers of Space” by John Brunner)

『未来医師』

  • 佐藤龍雄
  • 東京創元社 創元SF文庫696-19 2010年5月
  • 訳者あとがき/佐藤龍雄
  • 解説「ペイパーバックのタイム・オペラ、プラスチックのチープ・スリル」/牧眞司

Vulcan’s Hammer

Ace Books, Sep. 1960 (w/ “The Skynappers” by John Brunner)

連載「バルカンの鎚」

  • 都筑明
  • 創明社・みのり書房 月刊バルーン 1979年9月号~12月号
  • ※掲載誌休刊にともない連載4回目で中断。

『ヴァルカンズ ハマー』

『ヴァルカンの鉄鎚』

  • 佐藤龍雄
  • 東京創元社 創元SF文庫696-22 2015年5月
  • 解説「ディックSF、これぞ最後の一撃!」/牧眞司

1962

The Man in the High Castle

Putnams, Oct 1962

『高い城の男』

『高い城の男』

※異装版

1963

The Game Players of Titan

Ace Books, Dec 1963

『タイタンのゲーム・プレーヤー』

※異装版
  • 大森望
  • 東京創元社 創元SF文庫696-04 1990年3月
  • 訳者あとがき/大森望
  • 解説/牧眞司

『タイタンのゲーム・プレーヤー』

  • 大森望
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF2274 2020年3月
  • 訳者あとがき/大森望
  • 解説/牧眞司

1964

Martian Time-Slip

serial

aka “Goodmember Arnie Kott of Mars” (original title)

aka “All We Marsmen” (serial title)

Worlds of Tomorrow vol.1 #3-5, Aug/Oct/Dec 1963, Galaxy Publishing (serial)

Ballantine, Apr 1964

『火星のタイム・スリップ』

  • 小尾芙佐
  • 早川書房 ハヤカワSFシリーズ3129 1966年11月
  • 解説「新らしい白昼夢」/福島正美

『火星のタイム・スリップ』

※異装版

The Simulacra

aka “First Lady of Earth” (original title)

Ace Books, Aug 1964

『シミュラクラ』

  • 汀一弘
  • サンリオ サンリオSF文庫3-Q 1986年5月
  • 解説「シミュラクラの中で」/畑中佳樹

『シミュラクラ〔新訳版〕』

  • 山田和子
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF2155 2017年11月
  • 解説「Welcome Back to Dick’s Welt」/高橋良平

The Penultimate Truth

Belmont, Sep 1964

『最後から二番目の真実』

  • 山崎義大
  • サンリオ サンリオSF文庫3-K 1984年4月
  • 解説「現実と虚構の逆転」/川本三郎

『最後から二番目の真実』

  • 佐藤龍雄
  • 東京創元社 創元SF文庫696-18 2007年5月
  • 訳者付記/佐藤龍雄
  • 解説「つくりものの現実、複数の目に映る世界、ちょっとおかしな感覚」/牧眞司

Clans of the Alphane Moon

Ace Books, Nov 1964

『アルファ系衛星の氏族たち』

  • 友枝康子
  • サンリオ サンリオSF文庫3-S 1986年12月
  • 解説「ディック・ワールドの基本構造」/池澤夏樹

『アルファ系衛星の氏族たち』

  • 友枝康子
  • 東京創元社 創元SF文庫696-12 1992年11月
  • 解説「追憶売ります ~ディック『アルファ系衛星の氏族たち』あとがき We Can Remember It for You Wholesale: An Afterword to Dick’s Clans of the Alphane Moon (1984)」/ハリー・マルツバーグ/友枝康子

The Three Stigmata of Palmer Eldrich

Doubleday, Nov 1964

『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』

『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』

※異装版

1965

Dr. Bloodmoney

aka “In Earth’s Diurnal Course: A Terran Odyssey” (original title)

aka “Dr. Bloodmoney or How We Got Along After the Bomb”

Ace Books, Jun 1965

『ブラッドマネー博士』

『ドクター・ブラッドマネー
~博士の血の贖い

1966

The Crack in Space

Ace Books, Feb 1966

『空間亀裂』

  • 佐藤龍雄
  • 東京創元社 創元SF文庫696-20 2013年2月
  • 訳者あとがき/佐藤龍雄
  • 解説「むやみなアイデア、やりすぎのチープ、めくるめく混乱」/牧眞司

Now Wait for Last Year

Doubleday, May 1966

『去年を待ちながら』

『去年を待ちながら〔新訳版〕』

The Unteleported Man

Ace Books, Nov 1966 (w/ “The Mind Monsters” by Howard L. Cory) (original novella version)

Berkley, Jul 1983 (expanded version except for 3 missing parts)

“Lies, Inc.”, Gollancz, Jul 1984 (revised by Philip K. Dick, filled missing parts by John Sladek)

“Lies, Inc.”, Vintage Books, Mar 2004 (revised by Philip K. Dick, including discoverd parts by Dick)

『テレポートされざる者』

  • 鈴木聡
  • サンリオ サンリオSF文庫3-O 1985年8月
  • ※1983年に出版されたBerkley版が底本。三箇所の欠落部分あり。
  • 解説「負債としての旅」/鈴木聡

『ライズ民間警察機構』

  • 森下弓子
  • 東京創元社 創元SF文庫696-15 1998年1月
  • ※1984年に出版されたGollancz版『Lies, INC.』が底本。二箇所の欠落部分はジョン・スラデックにより補筆されています。
  • 付録「P・K・ディック『テレポートされざる者』の欠落原稿 The Missing Pages of The Unteleported Man by Philip K. Dick (1985)
  • 解説「変貌するテキスト、あるいは『一寸先はパラワールド』」/牧眞司

1967

The Zap Gun

serial

aka “Project Plowshare” (serial title)

Worlds of Tomorrow #16-17, Nov 1965/Jan 1966, Galaxy Publishing (serial)

Pyramid Books, Jan 1967

『ザップ・ガン』

『ザップ・ガン』

  • 大森望
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF1997 2015年3月
  • 訳者あとがき/大森望

Counter-Clock World

Berkley, Feb 1967

『逆まわりの世界』

  • 小尾芙佐
  • 早川書房 ハヤカワSFシリーズ3272 1971年6月
  • 解説「フィリップ・K・ディックの形而上学」/山野浩一

『逆まわりの世界』

  • 小尾芙佐
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF526 1983年8月
  • 解説/神林長平

『逆まわりの世界〔改訳版〕』

  • 小尾芙佐
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF2289 2020年7月
  • 解説/神林長平

The Ganymede Takeover

aka “The Stones Rejected” (original title)

Ace Books, Jun 1967

『ガニメデ テイクオーバー』

『ガニメデ支配』

  • 佐藤龍雄
  • 東京創元社 創元SF文庫696-21 2014年6月
  • 訳者付記/佐藤龍雄
  • 解説「量産から消沈そして復活 ~オークランド・サークルの日々」/牧眞司

1968

Do Androids Dream of Electric Sheep?

aka “The Electric Toad” (working title)

aka “Do Androids Dream?” (working title)

aka “The Electric Sheep” (working title)

aka “The Killers are Among Us! Cried Rick Deckard to the Special Man” (working title)

Doubleday, Mar 1968

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

  • 浅倉久志
  • 早川書房 ハヤカワSFシリーズ3223 1969年6月
  • 解説「フィリップ・K・ディックのふしぎな、ふしぎな、ふしぎな世界」/浅倉久志

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

※異装版

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
Do Androids Dream of Electric Sheep?』

  • 講談社 講談社ワールドブックス7 1995年12月
  • ※日本で出版された原文版。
  • リーダーズ・ガイド/浅倉久志

1969

Ubik

aka “Death of an Anti-Watcher” (original title)

Doubleday, May 1969

『ユービック』

※異装版

Galactic Pot-Healer

Berkley, Jun 1969

『銀河の壺直し』

  • 汀一弘
  • サンリオ サンリオSF文庫3-H 1983年5月
  • 解説「ある解体者の残像 ~ディック批評のために」/巽孝之

『銀河の壺なおし〔新訳版〕』

  • 大森望
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF2150 2017年10月
  • 訳者あとがき/大森望

1970

Our Friends from Frolix 8

Ace Books, Jun 1970

『フロリクス8から来た友人』

※異装版
  • 大森望
  • 東京創元社 創元SF文庫696-10 1992年1月
  • 解説「ディックが最高!」/森下一仁

『フロリクス8から来た友人』

  • 大森望
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF2245 2019年8月
  • 訳者あとがき/大森望

A Maze of Death

aka “The Hour of the T.E.N.C.H” (working title)

aka “The Name of the Game is Death” (working title)

Doubleday, Jul 1970

『死の迷宮』

※異装版

『死の迷路』

『死の迷路』

1972

We Can Build You

serial

aka “The First in Your Family” (original title)

aka “A. Lincoln, Simulacrum” (serial title)

Amazing Stories vol.43 #4-5, Nov 1969/Jan 1970, Ultimate Publishing (serial)

DAW Books, Jul 1972

『あなたを合成します』

  • 阿部重夫
  • サンリオ サンリオSF文庫3-P 1985年10月
  • 解説「寧ろ彼らが私のけふの日を歌ふ」/阿部重夫

『あなたをつくります』

  • 佐藤龍雄
  • 東京創元社 創元SF文庫696-16 2002年3月
  • 解説「シミュラクラと黒髪の娘」/牧眞司

1974

Flow My Tears, the Policeman Said

Doubleday, Feb 1974

『流れよ我が涙、と警官は言った』

  • 友枝康子
  • サンリオ サンリオSF文庫3-D 1981年12月
  • 解説「現実認識へのラディカルな問題提起と人間存在への深い共感」/森下一仁

『流れよわが涙、と警官は言った』

※異装版

1975

Confessions of a Crap Artist

Entwhistle Books, 1975

『戦争が終り、世界の終りが始まった』

  • 飯田隆昭
  • 晶文社 1985年12月
  • 解題 (原書では Introduction)/ポール・ウィリアムズ/齋藤健一 訳
  • 訳者あとがき/飯田隆昭

『ジャック・イジドアの告白』

  • 阿部重夫
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF2158 2017年12月
  • 訳注
  • 訳者解説「一日違いの『滅亡の日』 ~『ジャック・イジドアの告白』とウェイコの霹靂」/阿部重夫

1976

Deus Irae

aka “The Kneeling, Legless Man” (original title)

Doubleday, Jul 1976

『怒りの神』

  • 仁賀克雄
  • サンリオ サンリオSF文庫3-G 1982年9月
  • 解説「リディーマー、リディーマー ~彼はエントロピーの誼から我らを贖い出し給へり」/野口幸夫
  • Philip Kindred Dick 年代別小説リスト/仁賀克雄

1977

A Scanner Darkly

Doubleday, Jan 1977

『暗闇のスキャナー』

  • 飯田隆昭
  • サンリオ サンリオSF文庫3-C 1980年7月
  • 「作者のノート Author’s Note」/飯田隆昭
  • 解説「路上の夢 ~ディック世界のオデッセイ」/山田弘美

『暗闇のスキャナー』

『スキャナー・ダークリー』

※異装版

1981

Valis

Bantam Books, Feb 1981

『ヴァリス』

『ヴァリス』

『ヴァリス〔新訳版〕』

  • 山形浩生
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF1959 2014年5月
  • 補遺「トラクタテ:クリプティカ・スクリプチュラ Tractates Cryptica Scriptura」/山形浩生
  • 訳者あとがき/山形浩生

The Divine Invasion

aka “Valis Regained” (original title)

Timescape Books, Jun 1981

『聖なる侵入』

『聖なる侵入』

『聖なる侵入〔新訳版〕』

1982 (以下の作品はディックの死後に発表されました)

The Transmigration of Timothy Archer

aka “Bishop Timothy Archer” (working title)

Timescape Books, Apr 1982

『ティモシー・アーチャーの転生』

『ティモシー・アーチャーの転生』

『ティモシー・アーチャーの転生〔新訳版〕』

1984

The Man Whose Teeth Were All Exactly Alike

Ziesing, Jun 1984

※未訳

1985

In Milton Lumky Territory

Dragon Press, Jun 1985

※未訳

Ubik: The Screenplay

Corroboree Press, Jun 1985

「映画脚本・ユービック」

「シナリオ版 ユービック」

  • 浅倉久志 訳 (抄訳)
  • 早川書房 SFマガジン 2003年1月号
  • ※冒頭から3分の1程度の抜粋。シーン1からシーン14まで。

『ユービック:スクリーンプレイ』

  • 浅倉久志
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF1441 2003年4月
  • 「はじめに Introduction」/ポール・ウィリアムズ
  • 「まえがき Introduction」/ティム・パワーズ
  • 解説「『ユービック:スクリーンプレイ』の映像世界」/飯田譲治
  • 解説「ディックからの贈物」/高橋良平

Puttering About in a Small Land

Academy Chicago, Oct 1985

『小さな場所で大騒ぎ』

Radio Free Albemuth

aka “Valisystem A” (original title)

Arbor House, Dec 1985

『アルベマス』

  • 大瀧啓裕
  • サンリオ サンリオSF文庫3-U 1987年8月
  • 解説「ニコラス・ブレイディの転生」/大瀧啓裕

『アルベマス』

  • 大瀧啓裕
  • 東京創元社 創元SF文庫696-13 1995年4月
  • 訳者あとがき「見果てぬ夢」/大瀧啓裕

1986

Humpty Dumpty in Oakland

Gollancz, Oct 1986

※未訳

1987

Mary and the Giant

Arbor House, Apr 1987

『メアリと巨人』

1988

Nick and the Glimmung

aka “The Glimmung of Plowman’s Planet”

Gollancz, Jun 1988

「ニックとグリマング」

『ニックとグリマング』

  • 菊池誠
  • 筑摩書房 1991年8月
  • 挿画/ポール・ディマイヤー
  • 解説「ディックパーク・マラソン」/巽孝之
  • 訳者あとがき/菊池誠

The Broken Bubble

aka “The Broken Bubble of Thisbe Holt” (original title)

Arbor House, Jul 1988

※未訳

1994

Gather Yourselves Together

WCS Books, Jun 1994

※未訳 (短い2箇所の抜粋が「普通小説『勇気を奮い起こせ』から二つの断篇」のタイトルで『フィリップ・K・ディックのすべて (1996)』に収録されています。飯田隆昭 訳。)

2007

Voices from the Street

Tor Books, Jan 2007

(まち)虎声(こせい)あらん』

(まち)虎声(こせい)あらん』

  • 阿部重夫
  • 早川書房 ハヤカワ文庫SF2283 2020年6月
  • 「『贋メシア』の聖体拝領 ~訳者解説に代えて」/阿部重夫
  • 「ディックの原石 ~推薦の辞」/山形浩生

以下は諸事情により発表されなかった作品です。

Return to Lilliput

unpublished

The Earthshaker

unpublished

A Time for George Stavros

unpublished

Pilgrim on the Hill

unpublished

Nicholas and the Higs

unpublished

To Scare the Dead

unpublished

The Owl in Daylight

unpublished